パーツはそろえて売ること!

Author: SLmot7uK  //  Category: バイクを売る時の基礎知識

バイクを高く売るには、やはりパーツが重要です。
バイクを購入した時についてきたものは、すべてとっておきましょう。
何故なら、バイクを売る時に「最初についてきたパーツがあるかどうか」はとても重要なことになるからです。

バイクに限った話ではありませんが、中古とは言えどうせ高いお金を出してものを買うなら、「なるべく綺麗な状態のもの」「付属品がきちんと揃っているもの」を選びたいと考えるのは当たり前ですよね。
バイクを買い取ることを生業にしている業者は、バイク買取の比較をするときには必ず「購入する人の気持ち」を考えます。
最初についていたパーツが揃っているものほど高く売れるのですから、当然買取の価格も高くなるはず。
バイクを購入した後に、自分でパーツを買い足して改造をする人も多いと思いますが、その時についていたパーツはできればとっておきましょう。
高額査定を受ける為のポイントになること、間違いなしです。

そしてバイクを改造している場合。
もし取り付けたパーツを使用する予定がないなら、バイクを売る時に一緒に売ってしまいましょう。
バイクを買い取る側にしてみれば、バイクとパーツは一緒にあった方がいいのです。
もともとバイクについていたパーツと一緒に、改造用のパーツまで手に入れることができたら、「お得」と考える人が多いでしょう。
それが、手に入りにくい限定のものだったり、小数生産のものだったり、生産が終わっているものだったら尚更。
手に入りにくいパーツは「欲しい」と考える人も増えますので、それだけ買取額が上がる可能性があります。

売る側にしてみれば、一緒に買取をして売るときにバラしても良いのです。
より多くのオマケをつけて売ったほうが、高く売れることは確実ですので、もし改造したバイクのパーツをその後使用することが無いなら、一緒に売ってしまいましょう。
新しいバイクを購入する為にも、売価価格はなるべく高い方が良いですよね。

バイクを売るときには、必ず「買う人の立場に立って考えること」が大事。
自分もバイクに乗っていれば、どんな状態のものがよく売れるかを知っているはずです。
自分が欲しいと思うもの=他の人が欲しがるものですので、売るときは「自分だったら即買い!」と言う状態にして出すと、高い金額がつきやすいでしょう。
「ぜひ購入したい!」などと思うことができる判断材料は、なるべく多い方が良いです。
この機会に売ることができるものは売ってしまおう!と言う感覚で、つけて売ることができるものは売ってしまうと良いでしょうね。

Comments are closed.