売るなら「買い取り専門店」へ

投稿者:

バイクを売る方法として、「新しいバイクを購入する時に、バイク販売店へ売って、その分の金額を新しいバイクの値段から引いてもらう」と言うものがあります。
車でもよくある方法ですよね。
ディーラーに古い車を買い取ってもらい、新しい車の値段から引いてもらうということは、一般的に行われていることです。
「古いバイクの値段はいくらでも良いので、とにかく新しいバイクに乗り換えたい」などと言う人なら上記の方法でも良いですが、「古いバイクをなるべく高い方法で売りたい」と考えている人なら、やはり買い取り専門店で売った方がお得です。
なぜなら、買い取り専門店と販売店では「買取の仕方」に色々な違いがあるからです。

まず、販売店でバイクを買い取った場合、そのバイクを売るのは店頭になります。
店頭でバイクを売ると、基本的に「そのお店に来た人にバイクを売る」と言う形になりますので、まずはお店に人が来てくれないと売れません。
この状態でバイクを売るので、買取価格は「店頭で売ることを前提にした査定額」になります。
また、販売店の場合は抱える在庫がどうしても多くなってしまいますので、どんなに人気があるバイクでも「在庫過多のものは買い取り価格が安くなる」と言うデメリットもあります。

その点、買取専門店の場合は「オークション」「業者間での売買」など、色々な方法から販売方法を選択します。
海外輸出も行っていますので、必ずしも国内で人気の車種と言うことにこだわりません。
販売店でバイクを売ると、人気や得意とする車種によって買い取り額が変わる可能性がありますが、買取専門店では販売方法を色々と持っていますので、古くて人気のバイクでも買取が可能なのです。
また、長期間にわたって在庫を持つということがありませんので、高い買取額が出る可能性もあります。

そして、買取専門店でも販売店でも、バイクを売るなら「大手で、全国展開をしている様なショップ」に売った方が良いでしょう。
なぜなら、地域に一軒しか無い様なショップだと、その地域での人気で買取価格が変わってしまいます。
また、オーナーの趣味や好みも反映されますので、同じ条件の車種であっても、買取額が大きく異なる可能性も出てきます。
しかし、大手は買い取りに関するマニュアルが統一されていますので、地域によって買い取り額が異なるという不公平がありません。
つまり、バイクを売るなら「全国展開をしているバイク買取専門店」が一番良いということですね。