最初からあきらめない

Author: SLmot7uK  //  Category: バイクを売る時の基礎知識

バイクに限らず、何かを売るときによくあるのが「どうせ買い取ってもらえないだろうから、売るのは「やめて捨ててしまおう」という考え方です。
「捨てる神あれば拾う神アリ」という言葉がありますが、その通りで「これはもう価値がないものだ」と捨ててしまう人がいれば、「こんなにいいものを拾っちゃった!ラッキー!」と喜ぶ人もいます。
自分にとっては不必要なものでも、相手にとってはそれが宝物になると言うことはよくある話なので、とにかくあきらめずに「売る努力」をしてみることが大切です。
高額な金額がつかなかったとしても、金額査定がつけばお金にはなりますよね。
最初から自分で価値を決めてしまわないで、まずは「売れるかどうか」を交渉してみることが、とても大切なことになるのではないでしょうか。

また、「思ったより査定額が低かったから」と売らずに、自宅においておく人もいます。
「査定の額が低いから、ふんぎりがつかなくて売れなかった、使う予定はないけれどおいておく」という選択をする人がいます。
確かに、金額に納得がいかないものを無理に「売れ」ということはできませんし、無理に「売ったら」などという権利も誰にもないでしょう。
でも、本当にそれでいいのでしょうか。
バイクのパーツというのは、使ってこそ意味があることだと思います。
パーツを買った人ならわかると思いますが、パーツはバイクにつけて使用して初めて価値が出ますので、もう使う予定がないものをずっと家においていたとしても、ムダになるだけです。
また、パーツは一部のプレミア品を除いて、どんどん価値が下がっていくことが多いので、「やっぱり売ろうと思ったら、前以上に安い査定だった」ということになりかねません。
それでは、更に損をしてしまう結果になりますし、売る側としてもいい思い出は残らないでしょう。
もし、使う予定がないパーツがあるのなら、思い切って売ってみませんか?
少しでもお金になれば、そのお金を新しいパーツ代にすることもできますので、有意義な使い方になるのではないかと思います。

もし、本当に大事なパーツなのであれば、できるだけ多くの査定を受けて、高く買い取ってくれるところに売るのがいいかもしれません。
いくつも査定を受けるのは面倒と思われるかもしれませんが、みんなそうやって愛車やパーツを高くうる努力をして、納得の査定額を出しています。
とりあえずは、まずバイクの査定を受けて、「どのくらいの値段で売ることができるか」を知ることからはじめましょう。

Comments are closed.