日本のバイクメーカーの特徴

Author: SLmot7uK  //  Category: バイク小ネタ

●日本にはたくさんの有名メーカーがあります
バイクブランド自体は世界にたくさんありますが、中でも日本の特徴は「世界に知られるメーカーがたくさんある」という点ではないでしょうか。ホンダ、ヤマハ、カワサキ、スズキの四大メーカーは、日本だけでなく世界でその存在が知られているメーカー。そう、日本は老舗のバイクブランドがたくさん集まっている国なのです。
この四大ブランドだけで日本のバイク市場は埋まっているといっても過言ではありません。
そんなメーカーたちですが、やはりそのメーカーによって「ある程度の特徴」が存在するようで、バイクユーザーたちからさまざまな点が指摘されています。それをまとめてみました。

●ベーシックなのはホンダか?
日本といえば車も世界で人気がありますよね。
その中でも、群を抜いて人気なのが「トヨタ」です。トヨタは拠点である名古屋だけでなく日本を代表するブランドであり、その人気は世界に広がっています。世界で一番車を売っているメーカーといってもいいかもしれません。
日本の車業界にトヨタが君臨するように、日本のバイク業界にも「トップ」がある様で、多くのユーザーが「ホンダである」と指摘しています。
ホンダのバイクは丈夫で壊れにくく、乗る人を選ばないというメリットがあるそう。
世界で爆発的に売れた「スーパーカブ」を売り出したことも、この信頼につながっているのかもしれません。
また、ホンダの創始者である本田宗一郎は日本で始めてオリジナルバイクを作った第一人者なので、そういった点も考慮している可能性もありますね。いずれにせよ、品質の良さと操縦のしやすさでバイクを選ぶのであれば、ホンダをお勧めします。

対して、デザイン性の高さで人気なのが「ヤマハ」です。
ヤマハのバイクデザインはユーザーから「格好いい」と評判が高く、この点でヤマハのバイクを選ぶという人も珍しくありません。やはり、どうせ乗るなら格好いいバイクに乗りたいですよね。そういったことを考えれば、やはりヤマハのバイクが人気というのはわかりますよね。また、ホンダと同じく「バイクは頑丈で壊れにくい」というメリットもあります。
スズキは安いバイクが手に入ることで有名で、カワサキは他のメーカーにはない独自性の強いバイクを作るという特徴があります。こうしてみると、同じバイクを作っているブランドでも大きな違いがあることがわかるでしょう。
この中から、自分が好きなメーカーを見つけるのがポイント。あなたはどのバイクを選びますか?

Comments are closed.